職人体験記

工房訪問!『木工yamagen』西山さんにインタビュー!

更新日:

「木工yamagen」工房訪問記

今回は木工yamagenを訪問し、西山さんにいろいろと聞いてきました。木工yamagenならではの雰囲気をご確認下さい!

工房はいつから始められたのでしょうか?

工房のスタートは2012年ですね。
始めは職業訓練校の木工科で1年間勉強して、特注の家具屋さんで7年ほど働いてそれから独立しました。


 

奥様も始めから一緒にされているんですか?

学校は違うんですけど通っている時期はほとんど同じ位で、その後、働いた家具屋で出会って数年後に一緒に独立しました。
 

そうなんですね!今もお二人でオーダー家具を作っているんですか?

もちろん一緒に木工の作業もしますが、図面を書いたり、webサイトの作成やオンラインショップも担当しています。今は小さい子供がいるのでどうしても働ける時間は限られていますが。


 

商品を作る上でこだわりだったり、どういう思いで作っているのか教えていただけますか?

その時々でいろいろありますが、ただやはり根底にあるのは自分が格好いいと思えるかどうかですね。
当たり前ですがそれはいちばん大事にしてます。

オーダーの仕事が多いので、お客さんの好みなど制限はあるんですけど限られた中でより良い提案をできればと思っています。近頃はすべておまかせのお客さんも増えて嬉しいですね。
 

作品を見せてもらってすごく綺麗な作品を作っていると感じたのですが、自分が格好いいものだと思える軸っていうのはどういうものなのでしょうか?

「軸」という一本に絞るのは難しいですね。
自分自身いろんなテイストのものに惹かれますし。

ただ自分がいいと思う要素は作った家具に自然と入っていると思うので、それを見た人があの家具yamagenのだよねって感じてもらえるようなものを目指しています。
 

作品の中でこだわりのある作品をご紹介していただけますか?

まずはこのスツールですね。
『クレセントスツール』と言います。
持っていただけるとわかるんですけどすごく軽いんです。

イメージとして長時間座るっていうよりも、キッチンだったり何か作業している時に、好きな所に持っていってもらって小休止みたいな感じですかね。そういう時に座ってほしいスツールです。花瓶など飾ってもらっても良いですね。

 

スタイリッシュなデザインでディスプレイとして使っても素敵ですね。

一台家に置いておきたくなります。

座り心地というよりも、家に一脚あると嬉しいそんなスツールです。
色々なシーンで使ってほしいです。


 

座面の作りもすごく独特だと思うんですけどこだわりってあるんですか?

月をイメージしてノミの彫り跡で三日月を表現しています。


 

このアールの部分はスツール同士をくっつけられるのでディスプレイして、デザイン性も高いと思います。


 

あとはウィンザーチェアを参考にしていて、その仕様を取り入れて自分らしくデザインしています。


 


 

ありがとうございます。他のこだわりの作品を教えていただけますか?

ダイニングテーブルですね。
テーブルの最大の特徴は脚ですね。脚と天板の部分。ここの作りは非常に特徴的になっています。


 

こだわりのポイントを教えてください!

脚のデザインにこだわりがあります。
ひとつは脚のクラシックな面取りがポイントです。本当にちょっとのことなんですけど、このデザインにすることで立体感が出るんです。


 


 


 

このようなダイニングテーブルのこだわり方をしている職人さん初めて会いました。脚の部分のデザイン変更するだけでこんなにも印象が変わるんですね!!

本当ですか?ありがとうございます。
他には、普通だと幕板があるんですけどこのテーブルは奥に入ってるようなデザインになっていて、アームチェアも入るような設計にしています。


 

機能をデザインに一緒に盛り込むっていうイメージですね。

他の職人さんもそうだとは思うんですけど、機能を考えた結果それがデザインに繋がることは結構多いですね。
このテーブルに関してはあまり関係無いんですけどね。笑

機能的に意味のない事(デザイン)をする人は少ないと思うんですけど、僕はあえてその意味のない事をするのも好きです。


 

意味のない事をすることは、個人で工房を構えてされてる職人さんだからできる部分でもありますね。

それはあると思います。
個人でやっている強みというか、思いついたらできちゃいますからね。
オーダーのものだとお客様の要望を聞くっていう前提がありますけど、自分のオリジナルは好きなようにできるので。
 

こちらのダイニングテーブルを作るのにどれくらい日にちがかかるものなんですか?

製作期間としては10日ほどで完成します。
実際は木取りと言って、製材して乾燥期間を設けて作る場所の空気に馴染ませてから作るので、オーダーをいただいてから2ヶ月程度はかかっちゃいますね。


 

このようなオーダー家具をご購入されるお客様はどのような方が多いのでしょうか?

結構多いのは40代以降のお客様が多いですね。
新築で家を建てたり、リフォームだったり新しいテーブルを購入するタイミングでオーダーが入る事が多いです。
 

テーブル以外でオーダー家具を作ることが多いですか?

テーブルの他には、箱物やキャビネットが多いですね。
古い桐箪笥をリメイクした事があるんですけど、住宅事情で使いたいけど箪笥のままでは置けない。
リメイクして使えるようにしようとか。そういうオーダーもあります。


 

実際オーダーはどこまでできるものなのでしょうか?

基本フルオーダーで受け付けています。
ただ、あまりにも違うものというか工房の技術的に出来ないものっていうのがあるので、そういう時は正直に話して断っちゃいますね。

やろうと思えば出来るんですけど、正直に得意なところでオーダーした方がいいですよっていう話はその時にします。
でもうちのテイストに合わない無茶なオーダーはあまり来ることがないですね。
 

急に話が飛んでしまうんですけど、、
事務所に飾ってあるこちらの地図はなんの地図なんですか?どうしても気になってしまって。

これですか?
これは昔から好きなバンドのグリーン・デイのビリー・ジョーっていう人がいるんですけど、アメリカに行った時に会えた事があったんです。


 

凄い!プライベートで行かれていたんですか?

そうです。
その時にあなたの履いてるパンツはどこで売っているのかと聞いたんですけど、そうしたら店までの地図を書いてくれたんですよね。
それがこの地図なんです。

びっくりしたのが翌日また会った時に、そのパンツを買ってきてくれたんです。
あの時は凄く嬉しかったですね。

 

素敵なエピソードですね!こちらのエピソードまで聞けてよかったです。ありがとうございます。
次のオススメの作品教えていただいてもよろしいですか?

普段、当たり前のように使うものだと思うんですけどこのティッシュボックスです。
オーダーの家具はどうしても高いというイメージが強いと思うんですけど、ティッシュボックスなら身近に置いて無垢の木材のよさを気軽に知ってもらえるかと思います。


 

こだわりのポイントはあるのでしょうか?

一番は使いやすさで、上から簡単にティッシュを替えられるようになっていて、ティッシュを出しやすい角度で面取りしています。


 

あとはボテッとしたシルエットではなく薄く形が綺麗に見えるデザインを意識しています。木製の小物って手作りの温かみみたいなのが前面に出がちで、シュッとしたかんじになりにくいので。


 

確かに凄く薄くて繊細なデザインですね。

繊細ではあるのですが、併せて強度は大事で、細いラインや薄さと強度を両立させるのは凄く難しいです。
他にも節のある木材(家具にはなかなか使えない木目のもの)をあえて使って見せたり、適材適所というかんじで楽しんでいます。


 

あまり使えない木材をティッシュボックスに使うことでお部屋のアクセントにもなりますね!ありがとうございました。

 

こちらに置いてある木材はなんでしょうか?すごい迫力ですね!

これはお客様持ち込みの木材です。
うちで加工を依頼しようという前提で買ってきてくれたものなんですけど、神代栃という木材です。
栃っていう木は本来白いんですけど、神代と名のつくこの木材は何千年も土に埋まっていたものなのでこういうグレーがかったような色味をしています。


 

中までこういう色になるんですけど本当に良い色で、なかなか出せる色じゃないですよ。本当に凄いですよ。
 

そのような木材を持って来られるお客様もいらっしゃるんですね。
様々なオーダーをされる方を受けて形にされているんですね。
凄い話聞けて良かったです。ありがとうございます。


 

オーダー家具作成の他にされている事ってあるのでしょうか?

修理などもやっていますね。
他には古い家具のリメイクやメンテナンスだったりもやっています。
 

メンテナンスですか?古い家具だと結構大変そうですね。

そうですね。
結構、他で修理を受けてくれなかったりする家具とか僕は受けちゃいますね。
古い家具の修理となるとやっぱりリスキーな部分もあるんですけど、面白いです。
それに何よりお客様が凄く喜んでくれるんです。

修理するのに買う値段と変わらないくらいの値段になっちゃいますって言っても直して欲しい人って結構いるんですよね。
それって思い入れとか、大事に使おうっていう気持ちがあるからだと思うんですけどそういう思いをうちで形にできるというのは凄く嬉しいです。
 

技術のある方に修理してもらえるのは安心できますね!
次に工房の中を案内していただいてもよろしいですか?

大丈夫ですよ。簡単に工程を説明していきますね。
まず材木が荒木と呼ばれる状態で入ってきます。


 

ここから大体の寸法に木材を切ります。
この手押し鉋と呼ばれる機械で板を平らにしていきます。


 


 

荒い状態だと木材が反っていたりするので、それも削って平らにしていきます。
これが第1基準面と言います。全ての基本になりますね。
 

なるほど。こうして木材の4面作っていくんですね。

そうです。1面決めた後に2面目を決めます。今度は厚みがバラバラなので削って整えていきます。


 

今度はこの昇降盤を使って寸法が決まります。


 

最後に両端元を切って部材の完成になります。これが基本になって全ての部材でこれをやっていく感じですね。


 


 

1つの部品(木材)を作るのにもこんなに大変なんですね。

もちろん他にもテーブルだったら貼り合わせたりとか、色々加工はあります。
機械によって色々と変わります。
穴を掘ってホゾを作ったりすることで1つの家具になります。


 

最後に、鉋掛けをします。
鉋掛けにはこだわっていて、色も光り方もサンダーやサンドペーパーとは全然違うんですよ。
サンダーやサンドペーパーを使って削るよりも、鉋で削った方が早くて綺麗なんです。
それに鉋で削ってあれば、少しの時間ですが水も弾いてくれるんです。
もちろん塗装を施す前は、塗料が均一に乗るようサンドペーパーの行程は入ります。


 

そうなんですか?鉋掛けだけで水を弾くっていうのは初めて知りました!

少しの時間弾いてくれるんですよ。
また無垢の木材の家具はオイルを1回塗っただけで綺麗になりますし、手触りも含めて量産とは違います。
オイルフィニッシュも処理次第で、艶なんかも全然変わってきますから印象も変わりますね。ほんとに、実物を見て触って欲しいくらい。
こういう所をこだわって出来ることは個人工房であるということの強みじゃないかなと思います。


 

ありがとうございます。最後にコラムの読者に一言よろしいでしょうか?

普段、家具を作っている部分を見る事って少ないじゃないですか?だからこそ見に来て欲しいと思っています。
数ヶ月に1回オープンデーというイベントをしているんですけど、自由に見学出来る日を設けているんです。
作っている場所、機械、家具を見る事が出来るので興味があれば楽しいと思いますよ。
気軽に工房に遊びに来てください。
 

西山さんありがとうございました!

 

木工yamagen
〒246-0038
神奈川県横浜市瀬谷区宮沢4-14-1
tel : 045-744-7128
mail : mokkouyamagen@gmail.com

 
 

-職人体験記
-

Copyright© インテリアショップ体験記 , 2019 All Rights Reserved.