職人体験記

『decci Tokyo』 Making Original Stool

更新日:


 


 

このスツールについて教えていただけますか?

このスツールを初めて作ったのは木工を始める前なんです。日曜大工で作っているような感じで作りました。
 

日曜大工でこれ作っていたんですか?すごいです!

まぁ凄く時間は掛かったんですけどね。
何ヶ月とか時間をかけて完成させていましたね。凄く好きな形なんですよ。それで木工作家になって、ちゃんとした作品を作りました。
ちなみにこれが一番初めに作った作品です。
 


 


 

これも十分クオリティ高い作品だと思うんですけど、木工を学ぶ前に作るってすごいですね!ちなみにどうやって作るんですか?

木が縦方向に角材が寄せ集まっているイメージなんですけど、そこが座面になります。
 


 

丸い雫のようになっている部分は1つ1つ旋盤で作っていきます。
 


 


 

これ1つ1つ作るとなると、完成までとんでもなく時間かかるんじゃないんですか?

今は木工も勉強して、機械もあるので作るのに一週間くらいだと思います。
 

へぇ本当にすごい!木材は何を使われているんですか?

実は杉を使っているんです。
針葉樹は、柔らかいので家具には不向きとされているんですけど、角材を縦方向で連結させて作っています。そうすることによって強度も上がって問題なく使う事ができます。
 

なるほど。この連結させる部品はいくつぐらい使っているんですか?

だいたい90本くらいだったと思います。
座面も角材を縦方向に連結させているので木口が見えるんですよね。このグリッドパターンも凄く好きなんです。
 


 


 

本当に凄く綺麗ですね。個人的に欲しいと思ってしまうくらい。座面の色も選べるんですか?

そうですね選べますよ。
ある程度要望に沿った塗装もできます。こちらがこれはナチュラルをベースに雫の部分を塗装したスツールです。
 


 


 


 

このスツールこだわって作っている部分を教えていただけますか?

デザインを決めて作ったというよりは、構造を先に思いつきました。
この頃は、訓練校にも行っておらず木工のことは全然知らなかったし、道具も手で使う道具しかなかったので、どうしたら自分で椅子を作れるか考えたのが最初です。
それで縦に繋ぐことを思いついて、先ほど見せた一番初めに作ったスツールができました。
 

この雫のようなデザインはどういうイメージなんですか?

これっていうイメージは無くて、完全にインスピレーションですね。
カラーは完成形が木のようなデザインなので、座面を緑にして脚を茶色にしました。
 


 

藤さんの着色って本当に綺麗ですね。

ありがとうございます。色の組み合わせを考えたりとか結構好きなんです。
木工って基本的に木の色になってしまうので、自由に作るときは色をつけたりしますね。
 

その着色っていう部分でのこだわりもあるんですか?

ごまかすような着色はしないっていうことでしょうか。その木を引き立たせるための材料として色を使うっていうイメージです。
 

スツールの紹介ありがとうございました!最後に、このスツールの制作ムービーがありますのでこちらも是非ご覧ください。


 

※こちらのスツールは販売もされていますので、気になる方はdecci工房までお問い合わせ下さい。


 

カラー   ¥128000〜 
※塗装によって変動します。

ナチュラル ¥108000  
※木材の色を活かしたクリアウレタン 塗装になります。

【スツールのお問い合わせ】
decci
藤 大輔(Daisuke Tou)
〒145-0063 東京都大田区南千束1-13-3
E-mail / daisuke.tou@gmail.com

 
 

-職人体験記
-

Copyright© インテリアショップ体験記 , 2020 All Rights Reserved.