職人体験記

工房訪問!『アオゾラカグシキ會社』友繁さんにインタビュー!

更新日:

「アオゾラカグシキ會社」店舗訪問記

今回はアオゾラカグシキ會社を訪問し、友繁さんにいろいろと聞いてきました。アオゾラカグシキ會社ならではの雰囲気をご確認下さい!

ご対応頂いたアオゾラカグシキ會社の友繁さん


今回は『アオゾラカグシキ會社』に訪問!

ギャラリー、工房はいつ頃から始められたんですか?

始めたのは8年前の2011年ですね。
今は清澄白河のギャラリーと武蔵村山市の工房、それぞれ別の場所でやっているんですけど、始めた頃は工房併設ギャラリーとしてやっていました。
今のギャラリーから遠くはないんですけど、今とは違う場所でした。
独立しようと思った時に、もともと家具屋さんだった場所で倉庫みたいに広い物件を借りる事が出来てそこで工房併設ギャラリーとして始めました。

もともと木工の仕事をされて独立したんですか?

そうです。11年間『ウッドユウライクカンパニー』という家具の会社で働いて独立しました。
工房が昭島市にあるんですけど、一人の職人が最初から最後まで家具を作る、手掛けるという会社でした。
家具の部品を作るのではなく、ちゃんと一つのものを完成させる事で作る技術は身につきましたね。

工房、ギャラリーを始めた時のこだわりを教えていただけますか?

一番最初に考えたは会社名ですね。
株式会社、カグシキ會社。ダジャレなんですけど家具って言う言葉を入れたいなと。
わかりやすくしたかったって言うのもあるのでファニチャーよりもカグを使いました。
アオゾラは見上げるといつもそこにある身近なものというイメージで、無垢の家具をオーダーする事がわかりやすく身近なものになると良いなという思いです。

家具職人としてのこだわりを教えていただけますか?

社名の思いと同じではあるのですが、日常使いの延長で無垢の家具を身近に置けるものという気持ちがあります。
使い勝手が良いイコールデザインという思いがあって、例えば椅子だったら座り心地を追求したもの。そして手に触れる部分は絶対に尖った部分を作らないようにして手触り、触り心地の良いものを考えてデザインしています。
あとは、オーダー家具なのでワクワクして楽しんでもらえたら良いなという気持ちです。

購入するお客様に楽しんでもらえたら作る側としても嬉しいですよね。

身近で使ってもらって気に入ってもらえたら嬉しいですね。
あと、1年間ほど武蔵村山市の工房だけで、その時はギャラリーを持たずにやっていたんです。
ただ工房だけだと、どうしても家具の不具合、修理だったりお客様の相談に乗りにくい環境だったんですね。
そうなると僕のやりたい事じゃないなと思ってしまって。
ちょっと話が逸れてしまったんですけど、お客様と話をできる場所としてもギャラリーは大事でこだわりですね。

ありがとうございます。友繁さんのオススメの作品を教えていただけますか?

オススメだったらベンチですね。お客様が買うものを迷っていたら『ベンチ部屋にどうですか?』って言っちゃいますね。

ベンチですか?それはどうしてですか?

ギャラリーに来店されるお客様が、若い夫婦や小さいお子さんがいる家族、そういう年代の方がすごく多くてお父さんと子供って並んで座ってる画がすごく感動的なんです。
置き場所も選ばないのでどこで使ってもらっても構わないし、普通にダイニングテーブルに合わせてもいいと思います。

すごく素敵です。他にどういう所にこだわって作っているんでしょうか?

この座面の部分ですね。カンナの削り跡を残しているんですけど木目も綺麗に出て見た目にも楽しいですね。
そして曲線に削る事で座った時に柔らかい感触になるんです。

なるほど。座った時の感触もよくなって、見た目も表情が凄く出るんですね。

そうなんですよ。木目が波打ってるような表情になるので使っていてそれも凄く楽しめます。
光に当たると一際その表情がよく出ますね。
このベンチには名前が付いていて『風を待つベンチ』と言います。

凄く素敵な名前。これは来店してぜひ座って欲しいですね。座らないと本当の良さがわからないと思います。

そうなんです。来て一度ぜひ座って欲しいと思っています。
格好良く写真を撮ってホームページに掲載はしているんですけど、一番は来店していただいて座る事で本当の良さをわかってもらえるかなと思います。

友繁さんのこの会社と商品のこだわり、商品のデザインと名前って凄く一貫性を感じますね。

ありがとうございます。ずっと作る事を続けて来て、もちろんまだまだ成長の段階ではあるんですけど作る一通りの事は出来る。
それを売るとなってどうしたら良いのかなと考えた時に、家具のオーダーする事、買う楽しさ、ワクワクする感じを楽しんでもらえたらと思っています。

ありがとうございます。他にもオススメを紹介していただけますか?

それならこのスツールなんですけど、『冬のにじいろスツール』と言います。

また素敵な名前のスツールですね。

スタッキングができるスツールで、座面のファブリックが選べるようになっています。
もちろん単色でも良いんですけど、選ぶお客様の個性だったり好きな色や部屋の雰囲気で選んでもらえたら嬉しいです。
重ねた時に凄く綺麗なんです。

本当ですね。凄く綺麗。確かに色を変えた方が楽しめる部分多そうですね。

オーダー家具って聞くと、どうしても凄いものをオーダーしなくちゃいけないって思う人も多いと思うんです。
そういう意味で取っ掛かりとしてスツールはお手頃でオススメかなと思います。
例えば木材を選んで座面の色を決めるだけでオーダーするという行為なので、スツール1個買ってみようかなと思ってもらえると凄く嬉しいです。

デザインでこだわっている部分はあるのでしょうか?

幕板の部分で、重ねるとわかりやすいんですけど微妙に緩やかな曲線のラインにしているんです。
脚と幕板の接合は『ほぞ組み』と言って釘などを使わないのでスッキリとしてとても丈夫です。
この部分の面積が広い方が強度は上がるんですけど野暮ったい印象になってします。
そこに緩やかな曲線を入れて、重ねやすさと綺麗なラインを作っています。

このファブリックのソファも凄く良いですね。

ファブリックのものはやっぱり楽しいですね。こっちの無垢の椅子ももちろん良いですけど、部屋に全然違う表情が出ますね。
どちらの良さもあるので好みで選んでもらえるのが一番良いと思います。

本当に素敵です。小物も揃っていてインテリアとして凄く使いやすく見ていて楽しいです。

今後のやりたい事、展望など教えていただけますか?

そうですね、まずは一つ一つお客様の相談を受けて家具をデザインして届ける。
そしてお客様の要望に答えられるように出来るだけ引き出しを多く持てたらと思います。
それと取っ掛かりを増やしたいと思っています。

無垢の家具を買う事の良さ、手軽さ、楽しさが、まだまだ分かりにくいのかなと思って、そのためにホームページを見やすく分かりやすく作ったりして、今後無垢を家具をもっと身近に感じられるようにしたいですね。

最後にコラムの読者に一言よろしいでしょうか?

作っている人の顔が見えるものを買うっていう事と、そういうお店でものを買う事がとても楽しい事でお互いに嬉しくなる事を伝えたいですね。

友繁さんありがとうございました!

アオゾラカグシキ會社

〒135-0024
東京都江東区清澄 3-10-4
TEL :03-3642-2470
letter@aozorakagu.com

-職人体験記
-

Copyright© インテリアショップ体験記 , 2019 All Rights Reserved.