テーブル

ダイニングテーブル「RELATE」@アクタスみなとみらい

更新日:

ダイニングテーブル「RELATE」について、アクタスみなとみらい店店長に教えて頂きました!

RELATEシリーズの特徴を教えていただけますか?

RELATEは、マホガニー材で仕上げられているという点が一番の特徴になります。

マホガニー材というのは原木自体も褐色で赤みがあり、触り心地がとても滑らかです。また、木目が上品で高級感が出る木材で、ピアノやバイオリンの素材として使われています。そんな高級感がある素材ながら、価格が比較的お求めやすくなっている点もおすすめである理由です

RELATEのテーブルとチェア

RELATEのテーブルとチェア

RELATEシリーズでデザイン的な特徴はありますか?

RELATEテーブルは、天板の側面が面取りがされていて横から見たときにも綺麗です。他にもレッグにはマホガニーの無垢材を使用しています。貫が入っていたり、テーブルレッグの位置を内側に入れることでスタイリッシュに見えることも特徴ですね。

RELATEダイニングチェアにもこだわりがあり、レザーとマホガニー材の相性の良さがとても際立っています。しっとりとした触り心地の良いレザーを張っているので、高級感を感じていただけるかと思います。

フレーム部分は全て無垢材で削り出してアールをつけており、ラインが美しく仕上がっています。レザーに関しても縁にパイピングを施すことで輪郭をはっきりとさせています。

パイピング

RELATEは、椅子の背面部分に引き込みがあるので、椅子を動かしやすいようになっているんです。
この形も無垢材ではないと表現できないような仕様になっております。

RELATEチェアの座り心地はどうなんですか?

RELATEチェアの座り心地はすごくいいですよ!

ローバックとハイバックのチェアがありまして、長時間座るのであればハイバックのチェアの方がゆったりリラックスして座れます。座り心地ではハイバックの方がおすすめですが、ダイニングをすっきりと見せたい場合にはローバックチェアの方がおすすめです。

椅子の座り心地を説明している画像

テーブルやチェアとあわせて、RELATEのシリーズはサイドボードもあるんです。中央はマホガニーの無垢材で作られた箱型の引き出しになっていて、内側はレザー張りになっており、レザーの色をお選びいただけます。

引き出しの組み方も美しく貴重品や大切なお洋服などを収納するのに最適です。

RELATEシリーズのサイズバリエーションについて教えていただけますか?

RELATEシリーズはテーブル、サイドボードともに1サイズになります。

サイドボードはW178で少し大きいのですが、取っ手がなく、スマートな作りなので圧迫感を感じさせません。ダイニングテーブルはW180cmですが、セットのアームチェアが奥まで収まりますので、こちらもスマートに見えます。

一般的なテーブルの多くは、幕板にアームチェアのアームが当たってしまいテーブルの奥まで入らずテーブルとアームチェアのサイズを確認してあわせなくてはいけない手間が出てきます。しかし、RELATEテーブルは商品開発する際に念密に計算されているので、テーブルの奥まで入ります。

-テーブル
-

Copyright© インテリアショップ体験記 , 2020 All Rights Reserved.