テーブル

MODEL55@Mid-Century MODERN

更新日:

「MODEL55」について、Mid-Century MODERN店長に教えて頂きました!

こちらのダイニングテーブルについて教えていただけますか?

こちらはOmann Jun(オマーン・ユン)という会社のNo.55というダイニングテーブルです。

ダイニングテーブルの特徴を教えてください。

直径120cmの少し大型のテーブルですが、真ん中にエクステンションを挟むことで楕円形のテーブルにもなるユニークなテーブルです。

誰でも簡単にエクステンションができますよ。クオリティが高い割に手が届きやすい価格なので、ローズウッドのダイニングテーブルを探していらっしゃる方はぜひ一度見に来ていただきたいですね。

伸長 画像

ジョイント 金具

ダイニングチェアも素敵ですね!どんな特徴がありますか?

こちらのダイニングチェアは別売りです。カイ・クリスチャンセンというデザイナーのチェアなんですよ。このアームのデザインも特徴的です。また、背もたれが少し動くので、座り心地がより快適になるんです!

このイスは、日本でのカイ・クリスチャンセンの人気を決定づけた椅子です。デンマーク製のイスは有名無名問わずいろいろあるんですが、このイスは値段とクオリティのバランスが一番良いような感じがしますね。

同じシリーズの家具ではないのに、このテーブルとチェアはとても素敵な組み合わせですね。

No.55というテーブルとNo.42のイスの組み合わせは偶然にもアームの高さや収まり具合がちょうど良かったんです。
イスとテーブルを合わせたのは偶然ですが、ダイニングセットとして作られているかのようになりました。

ローズウッド材の家具はとても雰囲気がありますね!

ローズウッドはとてもかっこいいんですが、ここ1年の間に輸出入が厳しくなっているんです。ローズのものはもともと世界的にも値段が上がってきていて、最近さらに付加価値が付いてきているんですよね。ただ元々ローズ系の素材でできている製品(ビンテージ)を輸入禁止にするのはどうかと僕個人は思っています。

ローズウッドをはじめとした素材はこれからさらに輸入が難しくなってくると思うので、ローズウッド製の家具は価値が上がっていくでしょうね。

メンテナンスの方法を教えてください。

メンテナンスはリボスオイルを使って行っています。オイルは蒸発してしまうので、定期的に塗ってあげてください。季節の変わり目に塗ってあげると良いです。傷、汚れなどもオイルを塗ることである程度は目立たなくなりますよ!

-テーブル
-

Copyright© インテリアショップ体験記 , 2020 All Rights Reserved.