デスク

F031@Mid-Century MODERN

更新日:

「F031」について、Mid-Century MODERN店長に教えて頂きました!

こちらのデスクについて教えてください

こちらはF031というデスクで、ピエール・ポランというフランスのデザイナーによって50年代にデザインされたものです。
オリジナルのタイプは以前トーネットから出ていました。

ポランは60年代に入ると、有機的・曲線的な変わったデザインをしたフォルムのイスを多くデザインしました。でも50年代のものは脚のラインがとても綺麗というか細くて全体のバランスがすごく綺麗なんです。

F031と合わせるなら、同じフランスのデザイナー「ジャン・プルーベ」のスタンダードチェアなどとの相性が抜群です。

このチェアにはどんな特徴がありますか?

F031デスクの特徴はフォルムとデザインですね!

脚のラインがとても綺麗で細くて、バランスが良いのがこのデスクの特徴です。
また、色違いも選ぶことができ、展示しているものとは雰囲気が違ったデスクもあります。

天板の色が白か黒、木材もチーク材・オーク材からお選びいただけますよ。白の場合はメラミンの天板で、把手や脚も白になります。フレンチの家具はオーク材のイメージが強いので、展示している黒い天板とオーク材のタイプがオススメです。

デスクのサイズバリエーションなどはありますか?

サイズバリエーションはありません。
ただ、リクエスト次第引き出しの位置を右袖から左袖に変更することもできます。

メンテナンス方法を教えてください。

メラミンは水ぶきかから拭きをしていただければ大丈夫です。

ただ、水だと筋が残るので根気強くケアしてください。
水の筋が消えるまで磨かないと縦方向に筋が出てしまうので、完全に綺麗にするのは結構難しいんですよ。

手軽にケアしたいのであればアルコールを使うと一番綺麗になります。木の部分はカラぶきでさっと拭いてあげてください。木の部分を拭く時は少しオイルを入れることで艶が出ますよ。

基本はから拭きで十分ですが1年に1回ぐらいはオイルを含ませてあげると長く綺麗に使い続けられます。

楳澤店長のオススメポイントはどこでしょうか?

やっぱりこのサイズ感ですね!!
もちろん値段やデザインもありますが、部屋を選ばないシンプルなデザインが一番のオススメポイントです。

形も良いし、デザインも良いし、サイズ感も良いっていうのはなかなかありませんよね!イームズやアメリカの建築家(デザイナー)、ジョージ・ネルソンのものなどはサイズが大きいんですよ。素敵なんですが、なにせ日本の家のサイズにはあまり合わなくて・・・ 家との相性を考えると、アメリカの家具よりもヨーロッパの家具のほうが相性が良いと思います!

どのような使われ方をされる方が多いですか?

もちろん書斎に置いて使われている方も多いですが、実はお子様用のデスクとして購入される方も多いんですよ!
心の中で「羨ましい。こんなデスクが使える子供になりたい」といつも心の中で思っています。

お子さん自身は「いや、別に」という雰囲気ですが、お子さんが育ってからも長く使えることから、こちらのデスクを選ばれる親御さんが多くいらっしゃいますね。

今の子ども用デスクはどんどん価格が高くなってきていますよね。15万ぐらいでずっと使えることを考えると、普通のデスクに数万円プラスして子ども用のデスクにするというのもおすすめです。

他には会社用のデスクとして購入される方もいらっしゃいますよ。

-デスク
-

Copyright© インテリアショップ体験記 , 2020 All Rights Reserved.