おすすめアイテム

【 お部屋にワンポイント! 名作照明5選! 】

更新日:

普段、お部屋の照明選びは後回しになってしまうのではないでしょうか?
賃貸に住んでいると、もともとついている照明を使用していたり、利便性を考えてリモコン式のライトを選ぶなんてケースも多いかと思います。
しかし、お部屋のあかりはとても重要。
リラックスできる光や、集中できる光。
また、ワンポイントとして照明を選ぶことによってお部屋の印象はガラッと変わります。
今回は北欧やイタリアなど、名作中の名作の照明をご紹介させていただきます。

LE KLINT-レ・クリント-

1枚のプラスチックシートをひとつひとつ手で折りあげてできる美しいフォルムが魅力のレ・クリント。
美しい光と影のコントラストは、心を潤すあかりの芸術品として、また北欧デザインの代表作として世界中を魅了し続けています。 1971年、Poul Christiansen(ポール・クリスチャンセン)によってデザインされたこの「172」は、それまでの直線的に折られていたシェードに対しカーブを多用した造形。斬新で独特な彫刻的フォルムは、新たなレ・クリントデザインの方向性を確立し、レ・クリントのデザインアイコンになっています。
ホテルや喫茶店、いつも読んでいる雑誌で一度は見たことがあるのでしょうか?
とてもインパクトのあるデザインですが、柔らかい光でお部屋を照らしてくれます。

ARCO-アルコライト-

アルコフロアランプは、モダン家具の代表的存在です。ペンダント照明やシャンデリアには鬱陶しい天井からのコードがつきもの。一度設置したら自由に動かすことができませんが、アルコフロアランプはそういったことがありません。1962年にカスティリオーニ兄弟がデザインした、光沢のあるステンレス仕上げの美しいランプは、決して流行遅れになることがありません。

照明の大きなアーチ描く長いネックは、大理石のブロックにしっかりと刺さっています。置き場所も自在です。ソファ、ベッド、デスク、あるいはダイニングテーブルにもレイアウトが可能。
このすばらしいデザインは、MoMAのパーマネントコレクションにも選ばれています。

家具好きであれば知らない人のいない、このアルコライトですが類似品やレプリカもあるのでご注意ください。

TALIESIN 2-タリアセン2-

タリアセン 2は、フランク・ロイド・ライトの建築を彩った、伝説的なフロアスタンドです。
その原型は1933年、ライトの自邸であるタリアセンの敷地内にあった体育館、ヒルサイド・ホーム・スクールを劇場に改装した際に設計した、高い天井から四角い箱と合板の遮光板で構成したペンダント照明でした。ライトはガラスやシェードを使わずに、やわらかな間接光を生みだしたこのペンダントに感銘し、1952年に劇場が焼失し再建された時に、同じデザインコンセプトのフロア照明も開発しました。タリアセン 2は、ライトのタリアセンの仕事場にも置かれていたそうです

もちろん現代でも愛され続けているこのタリアセン2はホテルのロビーや旅館に一角に置かれていることが多く、ご家庭で愛用されている方も多い照明です。

VERPAN VP GLOBE 50 -ヴァーパン GLOBE 50-

1969年にデザインされ、圧倒的な存在感の「VP グローブ」は、スペースエイジ・デザインを象徴する作品として、パントン作品の中でも特に人気の高い作品の一つです。透明なアクリルで包み込まれた5枚のアルミ製のリフレクターは、内側をブルー、オレンジそしてホワイトに塗られ、光を美しく制御します。
「グローブ=地球」という名の通り、惑星を連想させるデザインをしています。消灯時も鑑賞する楽しみを与えてくれるこの照明は、新しい照明のかたちを追い求めたパントン氏の傑作のひとつです。

Louis Poulsen PH5-ルイスポールセンPH5-

最後はやはりこれ。
ルイスポールセンのPH5。
1958年にポール・ヘニングセンがデザインしたペンダントランプPH5は、眩しくなく⽬に快適なランプです。
デンマーク・デザインのアイコンとして何世代にもわたり愛⽤されています。
光を効率よく広げる対数螺旋形(右下図)の4枚のシェード、ランプの眩しさを遮るリフレクター、柔らかい反射光をひきだすマットホワイト塗装など、良質な光のために緻密に設
計されています。テーブル⾯を明るく照らし、着席する⼈々の表情を柔らかく⾒せるには、卓上から器具下端の距離を60センチと、低く吊り下げるのが最適です。
2018年には発売60年を迎え、メインシェードとリフレクターを表⾯無塗装の銅ポリッシュとした、カッパータイプを発売。

様々なカラーバリエーションがあり、コーディネートもしやすいのではないでしょうか?

食卓を一際お洒落な空間にしてきれるこのPH5を是非ご家庭でレイアウトしてみてはいかがでしょうか?

いかがでしたでしょうか。
まだまだご紹介をしたい照明はたくさんありますが、今回は名作中の名作を5つご紹介いたしました。
今回ご紹介をした照明はきっとどこかでみたこと事がある照明ばかり。
名前が分からなかった、販売をしているとは思わなかったなどあると思いますので是非参考にしていただければと思います。

-おすすめアイテム

Copyright© インテリアショップ体験記 , 2020 All Rights Reserved.