テーブル

オリジンリビングテーブル@MASTERWAL銀座店

更新日:

「オリジンリビングテーブル」について、MASTERWAL銀座店 副店長の藤原さんに教えて頂きました!

こちらはオリジンリビングテーブルです

オリジンリビングテーブルの特徴を教えていただけますか?

私も愛用しているテーブルです。「ワイルドウッドダイニングテーブル」と同じで脚が選べる仕様ですが、天板の特徴が全く違います。

ワイルドウッドシリーズと異なる点は、わざと節を残したり、歯形痕が残っていたり、白太が残っていたりするところです。ラフでワイルドな印象が特徴的なテーブルです。厚みもバラバラなので好みが分かれるテーブルだと思うんですが、私はこの自然な感じが好きです。

全体の奥行きは変わらないんですが、木の幅は変わります。あえてこういうデザインで作っています。
板幅は一見ランダムに見えるんですが、最初の段階で細かく図面に落とし込んで作っています。
傷やシミが元々入っているタイプのテーブルなので、良い意味で雑に扱えます。傷やシミがそのままテーブルの雰囲気になるのでデザインとして経年変化を楽しめるところも良いですね。
特に無垢の風合いが出ている商品なので、使っていくうちにどんどん愛着も出てきますし無垢の良さを感じられる商品だと思います。

ランダムに見えてもこうしてバランスが良いのは、本当に計算されて作られているからですよね?

バランスを取るのが他の商品よりも難しく、全部の板が厚いと野暮ったく見えてしまいます。細い板を入れてバランスを取ることでスタイリッシュに見えますね。

商品ができた経緯を教えていだだけますか?

元々ウォールナットは節が多い木なので、こだわって仕入れをしても、どうしても節の入った木が入荷されてしまいます。
「それを味わいとしてどうにか商品に落とし込めないか」と開発が始まりました。
MASTERWALとしてウォールナットを極める商品の一つとして作りました。

テーブルの脚で藤原さんのオススメはありますか?

スチール製と木製とがあるんですけど、私はスチールが好きですね。4本脚、ロの字のタイプと形も選べます。
カラーリングバリエーションがあり、色はお好みで選んでいただけます。オススメの色は黒ですね。どんな空間でも合わせやすいのが黒です。

テーブルのサイズバリエーションを教えていただけますか?

奥行き、幅の選択肢は、ワイルドウッドテーブルに比べると少なくなります。
奥行きは決まったサイズがあります。幅は120センチから2メートル20センチの間で、20センチ単位でお選びいただけます。

オリジンリビングテーブルのメンテナンスの方法を教えていただけますか?

メンテナンスキットがありますので、木の割れや反り返りの原因となる乾燥を防ぐためにオイルメンテナンスをしていただきたいです。
オイルメンテナンスは半年に一回程度していただいて、研磨に関してはせっかくの風合いが消えてしまうのでお客様にお任せしています。

※こちらの商品は2019年5月より廃盤となりますので、店舗へのお問い合わせの際はご注意下さい。

-テーブル
-

Copyright© インテリアショップ体験記 , 2020 All Rights Reserved.